上石神井駅徒歩3分の治療院。高い効果を期待できる整体であなたのつらい肩こり腰痛改善します。

カジハラ治療院


断食(=ファスティング)

通常食事は、1日3食、30品目、40代女性1.700カロリー、40代男性2.150カロリー、
タンパク、脂質、糖質をバランス良く摂りましょう。
が一般的ですが、断食は、食物を摂らないで、水分だけを摂ります。
 
 
釈迦は、6年間の難行苦行の末、50日間の断食を行い、川のほとりで、
少女スジャータの差し出す乳がゆを食べて悟った。
と言われています。
 
天台宗の千日回峰行の最後に7日間の不眠、断食断水を行う。
 
出羽三山の即身成仏になる過程では、五穀断ちを経て、断食に入り、
穴にこもります。
 
大正時代の大本教の信者で、
「病気治しが出来るようになりたい。
自分が、それに相応しくないなら殺して欲しい。」
と願を掛け、100日間断食し、何でも治せるようになり、
病気で寝ている人のところへ行き、枕を蹴って、
「立てー!」で治った。
 
マクロビオティックの師匠の大森英櫻先生は、1ヶ月の断食を、
ご家族の方も行われていました。
 
かつてチベットでは、病気になったら、1週間断食し、
それでも治らなければ、医師の所へ行った。
 
 
 
昔から宗教や、健康法で、断食は行われていました。
現在でも断食道場は多数有り、医師の在籍する所も有ります。
酵素断食、りんご断食、尿断食、半断食などがあります。
 
 
 
水飲み断食と言われる、一般的な断食は、
1週間断食する場合、全工程3週間かけ、
始めの1週間で、普通食から、菜食、量を減らし、おかゆ、最後は重湯にします。
次の1週間が、本断食で、生水以外口にしません。
最後の1週間は、重湯からおかゆ、菜食、少しずつ量を増やし普通食に戻します。
 
本断食中は、痛み、だるさ、痒い、寒い、などいろんな瞑眩反応(好転反応)、
良くなる為の排毒が出て来ます。
 
日々、だるくて寝ていたいのですが、新陳代謝を良くする為、体操、呼吸法、
散歩、登山、走るなど、できるだけ体を動かした方が、
瞑眩反応を楽に乗り切れ、断食の効果も高く出ます。
 
 
 
マクロビオティックでの断食補助
マクロビオティックでは、瞑眩反応を楽に早く乗り切る為、
肉の毒素が解け出ている時は、紅玉などのリンゴジュース。
魚の時には、緑茶や、大根おろしのスープ。
砂糖や果物の時には、梅干の黒焼き、豆味噌汁。
宿便が出そうで出ない時には、お腹に豆味噌を厚く乗せ、その上でお灸。
など、陽性な症状には、陰性な飲み物。
陰性な症状には、陽性な飲み物を取って、体内で中和し瞑眩反応を軽くします。
 
本断食を始めて3~4日間は食欲との戦いで辛いのですが、
それ以降は脳からエンドルフィン、
エンケファリンなどの麻薬様物質が出て、
ランナーズハイみたいに気持ち良くなる事もあります。
苦しくは無く、多少だるいぐらいで、寒さは普段より強く感じますが、
交感神経部が緊張しているせいか、風邪もひきません。
日によっては、普通に食事をしているのと、
全く変わらないくらい元気な時もあります。
 
 
 
断食の効用は、
食物を摂らない為、内臓の休養、脂肪の消費、
体内に溜め込んだ化学物質や、宿便など毒素の排出。
その結果、ダイエット、疲労回復、内臓機能回復、骨格の修正、病気治癒です。
 
普段食事をしている時は、消化吸収と排泄を行ってますが、
断食中は、食物を消化吸収する必要が無いので、
排泄、排毒により多くのエネルギーを費やすことができます。
それだけ、体が浄化されます。
また、食物の代わりに体の筋肉や脂肪を消費してエネルギーを生み出すので、
体は痩せて、体内に蓄積されていた毒素も排出されます。
筋肉や脂肪層の中には、重金属や化学物質が蓄積されており、
断食でそれらが分解される時に解け出て、皮膚、口から、
また便、尿として出て行きます。
断食で病気が治るのは、体に溜まった毒素を出すからです。
 
普段の生活の中で、化学物質が、
加工食品の酸化防止剤、合成アミノ酸、PH調整剤、
合成保存料、合成甘味料、着色料、
油の中の過酸化脂質、過酸化物価、肉や魚の女性ホルモン剤、抗生物質、
農作物の除草剤、殺虫剤、化学肥料、
缶ビールやアルミ鍋のアルミ、ステンレス鍋や、ステンレスポットのニッケル、
歯の詰め物の水銀、ニッケル、ボンド
など大量の化学物質や、金属が、知らない内に体に入って来ています。
それらが蓄積して、体をおかしくしています。
 
 
 
禁忌事項
断食の本を読むと、「一人では危険ですから、指導者について行いましょう。」
と書いてます。
1日、2日の断食は一人でも大丈夫でしょうが、
7日以上は、貧血や、陰性過多の人は行わない方が良いでしょう。
体力があっても断食中の瞑眩反応や、
復食時、食事を始めてからの、食欲の抑制がきつい時もあるので、
食べ過ぎに注意してください。
1週間の断食後、ラーメンとビールを飲んで亡くなった人もいます。
復食後の油やアルコールは刺激がきつく、
断食できれいになった胃腸は、赤ちゃんの胃腸に近づいています。
離乳食に、油とアルコールをあげるのは良くないと思います。
 
断食道場で、黒糖と葛湯を摂っているところが有りますが、
少量なら元気が出ていいですが、
多く摂ると、急激に高血糖になり、
それを下げようとして、インシュリンが出て、
低血糖になり動けなくなる事が有るので、
摂るなら少量が良いでしょう。
 
断食中、脳の栄養にブドウ糖と思い、白砂糖を摂り続け、
頭がおかしくなった人の話も聞いた事が有ります。
 
 
 
断食体験
初めて20代で1週間断食した時は、体重が7kg減りました。
40代になると基礎代謝が落ちるせいか、
同じ1週間断食しても3~4kgしか減らなくなります。
それでも、本断食2日目ぐらいで、
顔を洗う時、頭蓋骨が小さくなっているのがわかります。
ズボンも日々緩くなり、立った状態でもお腹がへこんできます。
水分を摂り過ぎると、目が落ち込んできます。
自分の体臭が臭く感じる時もあります。
多分皮膚か、鼻の穴の中に毒素が出ているのだと思います。
 
浣腸器のエネマシリンジで洗腸すると、肛門から入れたお湯が、
普段は大腸までしか入って行かないのに、
断食中は大腸、小腸、十二指腸、を通って胃まで来るのがわかります。
感覚が鋭くなり、特に嗅覚が敏感になります。
生ゴミの中の美味しい匂いを嗅ぎ分けたりします。
断食中にデパートの地下の惣菜売り場に行くと、
美味しい匂いの洪水で、クラクラします。
食べないでいるで低血糖になり、思考能力が落ちます。
本断食に入って3~4日間はお腹は減るし、だるいし、ぼ~としています。
できれば、ずーと寝ていたいと思います。
でも仕事はハードな肉体労働でなければできます。
以前断食中、昼働き、夜2~3km走っていました。
その方が効果が早く出ます。
最近は、朝約5km歩いている時もあります。
 
断食を終了し食事を始めると、体が軽く、痛みがなく、頭がさえ、
味覚、聴覚、触覚など感覚が鋭く、診断能力が上がっているのを感じます。
食事を始めて1週間ぐらいは、瞑眩反応の続きで、体に違和感を感じますが、
それ以降はなくなります。
体全体がはっきり良くなっているのがわかります。
 
 
今まで1週間の断食を、年間0~4回行ってきました。
平均2回として、7日間×2回×30年=420日
行わない年もあったので、
少なくとも合計1年分ぐらいは断食してると思います。
 
半年に1回行えば、断食中は楽ですが、
1年以上空くと、排毒反応のせいでしょうが、だるさが強くきつくなります。
出来れば、年間2回は行いたいと思っています。
行うと、はっきり体が良くなるのですが、
体が悲鳴を上げない限り、食欲に負けて、
のらりくらりとしてしまいます。
 

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

カジハラ治療院のご案内

住      所:
〒177-0044 
東京都練馬区上石神井2-32-13 サンヒルズ上石神井 101号室
アクセス:
西武新宿線 上石神井駅 北口から徒歩約3分
お問い合わせ・ご予約
03-3929-7507
受付時間:
【月~金 AM10:00~PM19:00】
【土 AM10:00~PM18:00】
【日 PM12:00~PM18:00】
定休日:
講習会、他の為、休ませて頂きます。

12月 31日(日)

他、不定休。

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ